HOME > ガイドライン

集合住宅におけるペット飼養のガイドライン


    
活動内容に戻る

1. 基本事項

① 動物の愛護及び管理に関する法律、狂犬病予防法および地方公共団体の条例が定める
  ペット飼育者の義務または責務を遵守する。
② 動物の本能、習性等を理解し、飼い主としての責任を自覚し、ペットを終生適正に飼育する。
③ 飼育するペットは飼育者の生活状況やペットの特性等に応じ、適正に飼育できる頭数に限る。
④ ペットを清潔に保ち、疾病の予防および衛生害虫の発生予防等の健康管理に努める。
⑤ ペットは室内飼いを厳守する。
⑥ アメリカンピットブルテリア、土佐犬などの闘犬は飼育しない。
⑦ 犬はストレスがたまらないように、散歩をさせる。
⑧ ペットによる汚染、破壊、損害が発生した場合は、その責任を負うとともに、
  誠意をもって解決を図る。
⑨ 地震、火災の非常災害時には、ペットを保護するとともに、
  他の居住者に危害を及ぼさないよう注意する。
⑩ 犬、猫に対しては、必要な「しつけ」を行う。
⑪ 犬猫に対しては、不妊去勢手術等の繁殖制限を行う。
⑫ ペットの飼育にともなう廃棄物は、法令に従い適切に処理する。
⑬ ペットが死亡した場合は、法令に従い適切に取り扱う。

2.他の居住者に対する配慮事項

① 自己の居室以外(ベランダを含む共有部分)では、
  ペットに毛や羽の手入れ、ケージの清掃等を行わない。
② ペットの毛や羽の手入れ、ケージの清掃等を行う場合は、居室の窓を閉める等、
  毛や羽の飛散を防止する措置を取る。
③ 犬、猫等を散歩させるときは、管理規約等で定められた立入禁止場所(砂場、芝生等)には入れない。
④ 廊下、エレベーターでは、ペットは抱きかかえ、またはケージに入れる等の方法で移動させる。
⑤ エレベーターを利用する場合は、同乗者の了解を得る等、同乗者に迷惑がかからないよう配慮する。
  例えば、大型犬がエレベーターを使用する際は、同乗者との間に飼い主が入って接触トラブルを防ぐ。
⑥ ペットの性格や状態に応じて必要とされる場合は、しつけ用のカラーや口輪等を装着する。
⑦ 犬や猫が共用部分で排泄した場合は、糞は持ち帰り、尿には水をかける等、
  状況に応じて必要とされる衛生的な後始末を速やかに行う。
⑧ ペットの飼育に音、(鳴き声や生活音)及び、臭いをできる限り抑えるよう努める。
⑨ 他の居住者や近隣住民からの苦情申し出があった場合は、苦情を申し出た者や関係者の
  意見を聞いたうえで、速やかに必要な改善措置をとる。
⑩ 会員の中から中心となる者を選定し、年2回の定例会を実施する。
⑪ 集合住宅の管理者に対し、会の組織及び運営状況について適宜報告する。
⑫ しつけ教室の開催を行う等、ペット飼育のマナーに努める。
                                      -以上-


    
活動内容に戻る


Contents

Links


     JAWS UK
inserted by FC2 system