HOME > 規約

規約


    
活動内容に戻る

第1条 (名称)
本会は「迷惑をかけないペットの飼い方を推進する会」と称する。
第2条 (目的)
本会は、現代社会においてはペットを飼育する権利が国民の幸福追求権及び、生存権という憲法上の人権に由来することを基本原則としながら、一方でペットを飼育しない者の立場も理解しその意見を尊重した上で、一般家庭におけるペット飼育者の意識を向上させ、集合住宅をはじめとする地域社会における他人に迷惑をかけないペットの飼い方を推進し、もって、人と動物との調和のとれた共生を実現することを目的とする。
第3条 (活動内容)
本会は、以下の活動を行う。
1.迷惑をかけないペットの飼い方に関するガイドラインの作成及び、その普及活動
2.ペット飼育者の意識向上のための啓発活動
3.ペットを飼育しない居住者の立場を理解し、ペット飼育に関する問題発生の防止を図るための苦情窓口の設置及び、トラブルの解決に向けた活動
4.アレルギー保有または動物嫌い等の理由で動物との共生ができない居住者の意見を尊重し、住み分け形の住居を提供することを働きかける活動
5.本会の会員以外の居住者及び、近隣住民に対する、動物と暮らすことへの理解を求める活動
6.不適切なペット飼育者に対する注意及び、飼い方指導
7.その他、迷惑をかけないペットの飼い方を推進する活動全般
第4条 (飼い方に関するガイドライン)
本会は、迷惑をかけないペットの飼い方に関するガイドラインを定め、これを社会に広く普及させるための最大限の努力をする。
第5条 (会員)
本会の会員は、集合住宅をはじめとする地域社会における他人に迷惑をかけないペットの飼い方を推進することに関心があり、本会の目的を正しく理解する個人、団体及び法人とする。
第6条 (総会)
1.本会の定時総会は年1回開催するものとし、代表理事が召集する。
2.総会は、出席会員の過半数の議決によって決議する。
第7条 (理事会)
1.理事は、会員の中から、総会において選任する。
2.理事会は代表理事の招集により必要に応じて開催される。理事は必要があると認めたときは代表理事に対して理事会の招集を求めることができる。理事会は、出席理事の過半数によって議決する。
第8条 (代表理事)
1.理事会は理事の中から代表理事1名ないし、若干名を選任する。
2.代表理事は本会を代表する。
第9条 (任期)
理事及び代表理事の任期は1年とし、重任を妨げない。
第10条 (規約の改正)
本規約の改正は、総会の議決によって行う。但し、急を要する時は、理事会の決議によって本規約の改正を行うことができる。この場合、規約改正から直近の総会において承認を受けるものとする。
附則 この規約は平成22年8月1日から施行する。


    
活動内容に戻る



Contents

Links


     JAWS UK
inserted by FC2 system